スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハーフラック機材を1Uにマウントしてみた 

オーディオインターフェースのRME MultiFaceとMIDIインターフェースのYAMAHA UX256を1Uのトレイに固定してみた。

halfrack.jpg


結果はうまくいったが一番神経を使ったのがトレイの穴開け。
正確に測定してその通り開けなければいけない。

穴開けの次の心配がネジ頭の出っ張りで僅かに1Uの高さをオーバーしてる件。

UX256は箱の上にネジ頭があり、MultiFaceは底面の取り付け側に少し出っ張ってしまう。
この問題は隣接してるラックを最大限両端に寄せることでギリギリ1Uで納めることが出来た。
たぶん、隣の機材が幅パンパンだと入らない。


今回新しく組んだ16Uのラック
16u_20110413.jpg
これでUX256は前からMIDIケーブル挿しても動かないし、MultiFaceはケーブルの張力で後退せずに済む。

ちなみにSC-88とMU128は乗っけているだけです。
スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lito4beat.blog73.fc2.com/tb.php/117-70e2bd57

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。